Main | July 2004 »

2004.06.25

窪塚飛翔事件(4)

19日付の記事で【窪塚は幻想人間?「奇行」知人の医師にも相談 】というのが出ていた。
この記事の中では、精神科医が「米国などで『自分は空が飛べる』と思い込む人が出ており、私は『幻想人間』と呼んでいる。」などと書いている。

海外にもお仲間がいるらしいという事で、「飛び降り自殺」でも「転落事故」でもなくて、飛翔失敗すなわち「墜落事故」かな、やっぱり・・・。

| | Comments (0)

2004.06.20

『掲示板見ました!美香子です。』(2)

実は1回目の返信が来た後で、「掲示板見ました!」で検索したところ、出会い系サイトの勧誘メールが他でもあることが早々に判明していた。

これまでの経緯の概略だが、「mikako0508@yahoo.co.jp」からメールが7通来た。
▼1.2004/06/14 16:02 『掲示板見ました!美香子です。』
▼2.2004/06/16 11:03 『先日はいきなりのメール失礼しました!』
▼3.2004/06/16 23:33 『今日も刺激もなにもない一日でした(>_<)』
▼4.2004/06/17 10:08 『ぐっすり眠れました。おはようございます』
▼5.2004/06/17 23:06 『今日は一日いい日でしたか?ひとつ聞きたいのですが』
▼6.2004/06/18 16:53 『返事だいぶ遅れてしまいました。美香子です。』
▼7.2004/06/18 17:29 『今シャワー浴びてきました。実は今まで』
「27歳の主婦」「主人が浮気」「会って気が会えば体の関係に」などと適当に話を進める。
そして7通目にして「私は http://diamond-love.com/awc/ のサイトに登録しています。もちろんあなたみたいないい人と出会う為に登録したサイトですけどね。」「けして疑っているわけではありませんがサイトから一度だけメールいただけますか?おりかえし私の携帯のアドレスや番号教えようと思いますので・・」と、ようやく本題のPRになった。

そして8通目は「mikako.0508@ezweb.ne.jp」からメールが来た。
▼8.2004/06/18 18:32 『やっぱりただの勧誘とか思っていますか?』
「今の私の携帯のメアドからメールしています。信じてもらう為に思い切ってメールしました。これだけは言います。私は勧誘目的の人でもないし全くそういうのとは関係ありません。」
・・・メールアドレスはezwebになっているが、メールの『Received:』を見ると『Received: from localhost.localdomain (220.150.129.209:3401)』となっていて、ezwebのサーバーからではない。

続いて9通目と10通目は、元の「mikako0508@yahoo.co.jp」から来た。
▼9.2004/06/18 19:23 『私の信用性がやはりないですか?』
▼10.2004/06/20 21:04 『私の信用性がないと思い写真つけました。』
・・・差出人アドレスを偽装するヤツの何を信じろと?(笑)
おまけに http://diamond-love.com/awc/ を見に行っても「美香子」という名の写真なんてないし。 マヌケだ。


回りくどいメールを何通も送ってくるよりも、普通の広告メールを1通送ってくるほうが、まだマシだ。
ついでに http://diamond-love.com/awc/ と来た日には、社名も見あたらなければ料金体系も書かれておらず、全く信用性のないHPだ。
やれやれだぜ・・・。

| | Comments (0)

2004.06.16

『掲示板見ました!美香子です。』

6月14日に『掲示板見ました!美香子です。』というタイトルのメールが、mikako0508@yahoo.co.jp さんから届いた。
タイトルだけで本文も添付ファイルもない。
ウイルスメールでも1行ぐらいは書いてあるし、宣伝メールだと「Ur Pen-i-s Is So Smaall thankyou free」とか魅力的な事が書いてある(笑)。
もしかしたら、どこかの掲示板を見たウッカリさんが出したメールなのか?・・・と思わせるところが新鮮な手法なので、「ご用件はなんでしょう? 本文も添付ファイルもないところが、かえって気になります」と返信してみた。

すると今日の11時頃に『先日はいきなりのメール失礼しました!』というタイトルで、以下のメールが来た。
>こんにちは!いきなりでびっくりかもしれませんが、いろんなサイトでいろんな
>人にメールだしていたのでどのサイトから送ったかは覚えていませんが・・よろ
>しくお願いします!
>こうして返事がきたって事はちょっとでも私に興味もってくれたって事でいいで
>すよね?
>あなたがいち早く返事くれたのでその他の人にはごめんなさいで・・(笑)
>それでもうちょっとはっきり言うと・・主人の浮気も原因でこうメールしました。
>ちょっと驚いちゃいました・・よね?(汗)ごめんなさい。けどこういう事は最初
>に言っておこうと思い正直に言いました。
>こういう出会いもありですよね?

うーん・・・「興味」も少しはあるものの、単に「確認」したかっただけなんだけど。
ご都合主義的なドラマのような話の展開がナイスだ。
で、HPの更新などしていると、23時半ごろに『今日も刺激もなにもない一日でした(>_<)』というタイトルで、以下のメールが来た。
>夜、一人というのは寂しいものです。主人もいつ帰ってくるかわからないし・・
>主婦という感覚から抜け出したい気持ちでいっぱいですよ(苦笑)
> そういえば私の自己紹介遅れていましたね?
>27歳の主婦で性格的には・・ほんとは明るくいきたいのですけどそれを抑えてる
>って感じですかね?
>ちょっとわかりずらいですね・・(汗)ごめんなさい。
>それと主婦という事で住んでいる所の詳細は今は待ってくださいね?
>今後こうメールするのが楽しみになれば・・と思いつつ今日は寝ようかなっ?

しまった。 こっちが2通目に返信する前に3通目を出されてしまった!
せっかく「美香子さんが見た書き込みというのは、死体画像愛好掲示板ですね。 貴女の首筋からしたたり床を赤く染める鮮血が見たくなりました。」なんて返信したらイイかな〜とか妄想してたのにィィィィィ!!

| | Comments (0)

2004.06.13

窪塚飛翔事件(3)

その後のニュースによると、脚のほかに頭蓋骨と左腕を開放骨折していたそうな。

スポーツクラブに行って14.3km/hで走ってみた。 朝、カバンを持って駅に走るときぐらいの速度だ。
手ぶらならば速くはないが、ラ・・・もとい、酔っている状態なら最大戦速かもしれない。

高校生の「ちょうど授業で習ったところなので、クラスのみんなで計算してみました。」なんていう微笑ましい話もあったようだ。
これが元で物理とかへの感心が高まるといいなぁ(笑)。

P.S. 今週は「天花」を見るのを忘れた・・・っていうか、なんか面倒くて見なかった。

| | Comments (0)

2004.06.10

リアル羽美

名取 羽美(なとり うみ)。
週刊少年サンデー連載『かってに改蔵』に登場する女子高生。
わりとカワイイが、友達がいない。空気がよめない。
特技は呪い。黒魔術もたしなむようだ。霊視能力もある。
第3火星語が話せる。
チャッカマンを携帯している。
チャットで口論したり荒らしたりもする。
戦闘力は高く、カッターナイフや鎌を使いこなす。

今、日本中の改蔵ファンは恐れている。
長崎小6殺害事件の少女の部屋から単行本が発見されることを・・・。

| | Comments (0)

2004.06.09

窪塚飛翔事件(2)

その後の報道によると、マンションのテラスの高さは26m。
高さ1m強のフェンスに当たり、そのフェンスまでの水平距離は9mという。

空気抵抗を無視すれば、差し引き25mの自由落下に要する時間は2.258秒。 水平方向の平均速度は3.986m/s(時速14.3キロ)となる。
100mなら25秒で,1500mなら6分25秒で,フルマラソンなら2時間57分で走るペースだ。

助走をつけたにしてはスピードがイマイチという気もする。
たぶんテラスには柵があるので、走り高跳びのように助走して柵を飛び越えたのか、あるいは柵を乗り越えた後で水泳の飛び込みのように跳躍したのかもしれない。
TVではマンションの近くにマリーナが見えたので、もしかしたらそこの海に飛び込もうとしたのかもしれない(もしそうなら初速の不足は明らかだが…)。

まあ、それにしても生きててよかった。 あれだけで済んでいるのは、彼が地球を統べる大いなる意志に生かされている証なのか?!

P.S. 奇しくも先週の「かってに改蔵」の冒頭に取り上げられていたが・・・

| | Comments (0)

天花(てんか)

NHKの連続TV小説『天花(てんか)』。 先日の新聞に「主役の演技が下手だ」という投書が載っていたので何度か見てみた。
もはや10週目に入っていたためか“下手さの旬”は逃してしまったようだが、10週目にして「同居している姑に恐怖するあまり言葉も動作もぎこちない新妻」のごとき不自然さに満ちた雰囲気は、ドラマを盛り下げるのに役立っている。

主役の藤澤恵麻さんは大学生で雑誌「non-no」のモデル。 「ドラマ出演はもちろん、演技も初めて」という。
それなら演技が下手なのは仕方がない。 ファッション雑誌の撮影では悩んだり嫉妬したりするような事は滅多に要求されないだろうし、そもそもセリフを喋る事もないだろうから…。

むしろ、そんな演技経験皆無の人材を主役に抜擢した連中の方が問題だ。
オーディションで選ばれたそうだから、審査員の中に「秘められていた才能の片鱗をオレは見逃さなかった。 彼女の才能は一気に開花するッ!」といったマンガのようなストーリーを妄想したバカがいたという事か。
その妄想の主は周りが阻止できなかった権力者なのか、それとも審査員たちが妄想族と化していたのか、あるいは他のはもっと酷かったので仕方なく選んだだけなのか・・・。

藤澤恵麻さんも地道に脇役から修行していけば女優への道も開けただろうに、これで将来は潰れたも同然だ。
全部で26週もあるそうだから上手くなる可能性もあるが、NHKの受信料で作っているドラマの撮影を俳優養成所代わりに使った事になるので、それならそれで大問題だ(笑)。

| | Comments (0)

2004.06.08

三菱リコール祭り

漫然と見ていたら、次から次へと出てくるので何がなんだかわからなくなった。
今から過去の記事を追っかけて、果たして理解できるだろうか・・・?

三菱車に思い入れはあまりないけど、ランエボがなくなったらヤダ。

| | Comments (0)

2004.06.07

開設テスト - 窪塚飛翔事件(1)

最近のWeblogの流行に置いていかれているので、遅まきながら試作してみた。
_ _ _ _ _

自宅マンションの9階から自由落下した、窪塚洋介。
俺は芸能界に疎いので、彼の事を全く知らない。
鯉のぼり取付器具を外そうとした際の転落事故か飛び降り自殺かで意見が分かれている。
しかし、おそらくはどちらも正解ではないだろう。
彼は、自分が飛びたいと思ったから、飛べると思ったから飛んでみた。
そして失敗して落ちた・・・それだけだと俺は思う。

ベランダから外を見ると、濃密な虹色の干渉縞を帯びた空気の層を見た。
眼前に広がるそのうねりに魂の波動をシンクロさせれば、重力の束縛を断ち切ることができるはずだ。
この世界は争いに満ちているが、平和を望む素晴らしき数多の心もある。
ピースフル・マインドを持つ者たちよ、天使は祝福の鐘を鳴らし世界の街を巡っている事を知っているか。
稀有なる邂逅。 神秘なる一瞬。 魂の翼を開放せよ。 その時が来た!!


・・・まあ、失敗することもあるさ(笑)。

| | Comments (0)

Main | July 2004 »