« 50年前のパソコン通信…? | Main | 死蔓徹苦 »

2004.08.13

居場所のない家

墓参りから大阪市内の親戚の家へ。
叔母と、従姉妹のY子と、従姉妹のE子の娘のR子の3人が居た。

R子ちゃんは小2。 40kmほど離れた家から、夏休みの間ずっと遊びに来ている。
父親は歯医者の開業医で、E子には推定2000万円の結婚指輪を贈ったほどに裕福だ。
小6の兄は夜遅くまでの塾通いと家庭教師。 TVでたまにみる風景だ。

そのR子ちゃんだが、家には帰りたくないと言っているらしい。
自宅に居ても、兄の勉強の邪魔になるとかでTVを見たり遊んだりという普通の事ができないらしいからだ。
貧乏な狭い家というのならまだしも、狭くないに違いないマンションで、まだ小2の子供が自分の居場所がない事を感じて、夏休み中、家から逃げ出している。

兄の勉強は中学になっても続くはずだ。
兄の受験がうまく行っても、このままでは・・・。

|

« 50年前のパソコン通信…? | Main | 死蔓徹苦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 50年前のパソコン通信…? | Main | 死蔓徹苦 »