« September 2005 | Main | November 2005 »

2005.10.29

丸善京都、その後

遅くなったけど9月のライブでの写真をアルバムに収め、ようやく京都の錦湯へ。
錦湯 <地図>
久しぶりにお風呂屋さんに入った。 よく温もる。
タオルとバスタオルをカバンに入れて電車に乗るのも、なんだか可笑しい。

10日に閉店した丸善・京都河原町店を見に行く。
まだ18:30だというのに、今は人影もまばら。
旧 丸善 <地図>
写真右側にある丸い柱には、建築現場でよく見かける白い看板があった。
設置年月日は閉鎖の翌日の11日付け。
看板のタイトルは「仮称 古今東西堂 河原町ビル 建築計画の概要」。
用途は「飲食店・事務所・駐車場」。
着工予定年月日は平成17年12月2日,完了予定年月日は平成18年3月2日。
・・・取り壊して新築するということだろうか?

京都宝塚劇場・スカラ座。
京都宝塚劇場・スカラ座 <地図>
老朽化のため、京極東宝と共に解体が予定されている。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _

京阪特急と地下鉄で、大阪のJAZZ SPOT 845へ。
JAZZ SPOT 845
京都で一風呂浴びて大阪へライブを聴きに行く・・・何か変だ(笑)。

| | Comments (0)

2005.10.26

コバイア語

『コバイア語』・・・フランスのロックバンド「マグマ」が用いている架空の言語。
ドイツ語とイタリア語とフランス語を混ぜたような力強い響きを持つ。
■
コバイア語
■
何語かよくわからないコレが、コバイア語だ。
歌詞の画像は最近買ったCD「K.A」より。
夜のドライビングBGMにチョ~オススメ!(※裏推薦)


▽参考文献
[ http://rock.princess.cc/rock-4/magma.html ]
[ http://compblue.hp.infoseek.co.jp/Artists/Magma/MGmain.htm ]

| | Comments (0)

恐怖のキーワード

「サラミおじさん」という短編漫画の事を不意に思い出してしまった。

かつて『漫金超(まんが ゴールデン スーパーデラックス)』という漫画の雑誌があって、それに載っていた漫画だ。
『漫金超』は、出版業が東京に集中する中にあって大阪で発行された季刊漫画雑誌。
いしいひさいち,川崎ゆきお,ひさうちみちお,竜巻竜次などの豪華(?)執筆陣で、当時のサブカルシーンを代表する・・・ほど売れていたら5号で終わったりはしなかっただろう。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _

Googleで「サラミおじさん」を検索してみることにした。
入力して検索ボタンをクリックしようとすると、手が震えて、軽い吐き気さえしてきた。
検索結果は、何も出てこなかった。
なんだかほっとした。

    「呼び戻さないで!  恐怖を!!」

そんな幻聴まで聴こえてきた(笑)。
このマンガがよほどトラウマになっているのだろうか・・・。
作者は平口広美。 読んだ当時は女性か男性かわからなかったけど、後にAV男優として活躍したそうな。

| | Comments (0)

2005.10.21

パソコンが約8台

ふと気が付くと、持っているパソコンが約8台になっていた(笑)。
これから1台を奉公に出しに行くので、その前に記念にリストアップしておこう。

■ DELL Precision 370 (Intel Pentium4 520 / 2.8GHz):2004/10/30
・2004/11からのメインPC。
・HDDはSerial ATA RAID 1。
・\77,980(アウトレット品で約51% OFFだった)

■ TOSHIBA Libretto L2 (Transmeta Crusoe TM5600 / 600MHz):2002/04/27
・横長の小型ノートPC。
・誤って踏みかけてしまい、液晶パネルに軽傷を負った。
・1280×600, 1.1kg
・\83,790(\79,800×1.05)

■ HP nx6120/CT (Intel Celeron M 360J / 1.40GHz):2005/10/01
・普通のノートPC。
・タイガース優勝セールで買った。
・1024×768, 2.8kg
・\70,000

■ IBM NetVista A40 (Intel Pentium3 / 733MHz):2003/04/03
・アルファランド御堂筋店の閉店セールで購入(中古)。
・叔父Mの自宅に貸し出し中。
・\41,790(\39,800×1.05)

● 自作機1 (Intel Pentium3 / 700MHz):?
・2004/11までのメインPC。
・押し入れで休眠中。

● 自作機2 (VIA C3 / 1GHz):2005/01
・CPU付き小型マザーボード(中古) VIA EPIA V10000。
・小型ケースを自作しようと思いながら、放置中(一応動作可)。
・「約8台」の「約」とは、コレの事だ。

□ NEC VersaPro VA65H (Intel Celeron / 650MHz):?
・叔父Mの事務所で使わなくなったのでもらった。
・普通のノートPC。
・1024×768, 2.9kg
・これから奉公に出しに行きます。

□ NEC VALUESTAR NX VE36H/6 (Intel Celeron / 366MHz):?
・叔父Mの事務所で使わなくなったのでもらった。
・来月、フリマにでも出してしまおう。

| | Comments (0)

2005.10.17

奇談(キダン)2

映画【奇談(キダン)】のHPが新しくなっていた。
http://www.kidan.jp/index2.html
藤澤恵麻、鼻の穴が目立ちすぎだよぅ・・・ orz


物語の説明や特報のムービーなど、HP上の情報は充実している。
原作を知らない人でも、よく読めば映画の概要とオチまでもが理解できてしまうだろう。
じゅすへる”の説明も詳しすぎで、映画を見に行く必要がなくなるぞ(笑)。

とりあえず“いんへるの”の描写はかっこよさそうなので、それでも観に行くつもりだ。
・・・そして、これが流行語になることを願おう。

『おらといっしょに“ぱらいそ”さ、いくだ!!』

| | Comments (1)

2005.10.13

ガラス仮面

「ガラスの仮面」から1文字省略しただけなのに、
まるで何かのヒーロー物のようだ(笑)。
ガラス仮面

| | Comments (1)

木と林と森と…

キッコロ(孫)とモリゾー(祖父)の間には林太郎という
お父さんがいて、ばっさいされてしまったんだ。

2005/09/28の週刊少年マガジンの巻末コメントで久米田康治がこう書いていた。
今まで気にしたことはなかったけど、「(ッコロ)」と「(ゾー)」の間に「(太郎)」が居るのは確かに辻褄が合っているので、絵本やアニメなどの公式設定として存在しているのだろう。
モリゾーのことを「目つきが陰気そうでヤな感じ」とか思ってたけど、そんな重い過去を背負っていたのか・・・。
(伐採されたのは愛・地球博の会場を作るときだった、とかは考えないことにしよう)

▽関連リンク
[ モリゾー&キッコロの休日 http://www.morizo-kiccoro.jp/ ]
[ さよなら絶望先生 / 久米田康治 ]

| | Comments (0)

2005.10.12

タクラッシュ

F1も、(ここ数年は)WRCもチェックしてないけど、F1のBARホンダの佐藤琢磨が危険人物らしい。

ニュースを読むと、09月11日のベルギーGP(Round16,スパ・フランコルシャン)でM.シューマッハ (フェラーリ)に追突して共にリタイヤ、次戦のブラジルで予選10グリッド降格というペナルティを受けた。
そして10月09日の日本GP(Round18,鈴鹿)ではJ.トゥルーリ(トヨタ)に追突してリタイヤに追い込み、本人は13位でゴールしたが後に失格処分となって結果を抹消された。

ラリードライバーのコリン・マクレー(Colin McRAE)はメチャメチャ速いが派手なクラッシュ(Crash)が多いことから『マクラッシュ(McRash)』の愛称を持つ。
ラリーなので他車を道連れにすることはないものの、チームを応援するファンをハラハラさせ続けた。

佐藤琢磨も『タクラッシュ(TaCrash, TcRash ...?)』と呼ばれて他チームのファンやドライバーから恐れられているのだろう・・・最近からか以前からかは知らないけど。

| | Comments (1)

2005.10.11

大阪の大型倒産2件

▼2005/10/07 株式会社大阪シティドーム
http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/1964.html

いわゆる大阪ドーム。 1997年に完成。 しかし『見込んでいた式典・展示会やコンサート需要が振るわず、来場者数は減少傾向をたどっていた。』とのこと。

施設を作るのが「何もない地域」なら需要もあるだろうけど、大阪には以前からインテックス大阪があるし大阪城ホールもある。 それとも大阪ドームを計画した頃は、これらの施設には予約待ちが溢れかえっていたのだろうか?
「オフィス街のレストランの総数を2倍にしたら昼メシどきの客の総数も2倍に増える」と思うヤツは殆どいないはずだが、「施設を作ったら人や企業がいっぱい集まってくる」と根拠に乏しいハッタリの数字がまかり通って突っ走れたのがバブル期の不思議なところだ。


▼2005/10/06 豊秀興産株式会社
http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/1962.html

松下電器産業グループの不動産会社で、関西では、大阪城に隣接しているIMPとツイン21でも知られる(たぶん)。
かの松下幸之助によって設立された松下興産がルーツで、こんな変遷らしい。

  松下興産(旧)
   ↓
   ├松下興産(新) → MID都市開発(社名変更):不動産
   └豊秀興産 → 特別清算へ:ゴルフ場,リゾート事業

ところで「豊秀興産」ってのは豊臣秀吉のことだろうか?
大阪城に縁があるとはいえ、清算目的で分離した会社につける名前じゃないな(何か別の由来があったらゴメンね)。

| | Comments (0)

2005.10.09

丸善京都が閉店

京都市役所でやってた京都ヴィンテージカーフェスティバルに行ったついでに、10日に閉店する丸善・京都河原町店を見に行った。

丸善の京都河原町店(京都河原町ビル)。
05100901
今回の閉店はビルの譲渡にともなうもので、ニュースリリース[PDF]によると譲渡価格は29億6900万円,特別利益は4億0400万円という。
また、こちらのニュースリリース[PDF]によると閉店に伴う損失として4000万円を計上、『京都地区における代替店舗につきましては引続いて検討してまいります。』との事。
(…ということは、心斎橋そごうに移転した大阪心斎橋店のように、復活する可能性もあるらしい)

10月10日で閉店のお知らせが大きく掲げられている。
05100902

梶井基次郎(1901~32)の短編小説「檸檬(れもん)」に京都の丸善が登場することにちなんで小説本が売れているそうで、平積みされるとともに記念スタンプが置かれ、別れを惜しむ人たちで賑わっていた。
05100903■05100904
私は文房具売り場のフロアで傘とモノサシを買い、紙袋にスタンプを捺した。

河原町通りの店名看板と店頭の光景も、明日10日で見納め。
05100905■05100906
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _

京阪三条から帰ろうと歩いていたら、三条大橋の西詰めのあたり(「がんこ」の向かい)にあった本屋さん「三条パパラギ書店」が9月25日に閉店していた。
帰りがけに寄っていくのに便利だったけど、あんまり買ったことなくてゴメン…。
05100907

その隣にあったカメラ屋さんも、いつの頃からかプロントになっている。
05100908

このビルのブーツィーズレコードショップへ、ものすごく久しぶりに行ってみた。
ジャーマンプログレのLPが充実しているようだ。
Yoga / POPOL VUH の中古CDを買った。

| | Comments (0)

2005.10.02

阪急中津高架下

05100201
阪急中津駅付近の高架下に行ってみた。 <地図>

05100202
ライブハウスやアートスペースなどがあり、若者たちが
集うエリアだ(たぶん)。

05100203
そして、昔の雰囲気を残している部分もある。

05100204
休日はシャッターが閉まっていて、内部はほのかに暗い。
凝った衣装をまとった女性と、それを撮影する2人。

05100205
明るい外部と暗い内部を行き来しながら歩く。

05100206
平日はトラックが仕事で出入りしているのだろう。

05100207
昔の面影を残す「貸ガレージ」の文字。

05100208
アウディTT。 煤けたコンクリートの中で硬質に光る。

| | Comments (0)

2005.10.01

神戸新開地ジャズ伝説

神戸の新開地という町が誕生して今年で100年ということで、神戸ジャズヴォーカルクイーンコンテスト スペシャルイベント【神戸新開地ジャズ伝説】が開催されました。
第1回~第6回の“クイーン”が勢揃いすると共に、姉妹都市のシアトルで行われたコンテストより高校生部門と一般部門のグランプリの2人が参加、総勢8名の華やかなステージでした。

REIKAjj (第2回クイーン / 2001)
05100101■05100102

Shoko (第6回クイーン / 2005)
05100103■05100104

▼ イザヴェラ・ドゥグラフ (from シアトル:高校生部門)
05100105■05100106

北浪良佳 (第5回クイーン / 2004)
05100107■05100108

杉山千絵 (第4回クイーン / 2003)
05100109■05100110

ケリー・ジョンソン (from シアトル:一般部門)
05100111■05100112

溝口恵美子 (第3回クイーン / 2002)
05100113■05100114

ジャネット啓子カワスジ (第1回クイーン / 2000)
05100115■05100116

● そしてフィナーレは全員集合!
05100117
右から左へと歌のバトンを渡して行き…
■
05100118
そして最後はみんなで歌う。
■
05100119
「みなさま、ごきげんよう」 (…とは言っていなかったけど)

| | Comments (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »