« 奇談の余談 | Main | 波線 »

2005.11.14

クラフトワークのDVD

クラフトワークのライブDVDが、どうやら本当に発売されるらしい。 公式HPにある案内では、ブックレット+CD+DVDのセットでノートパソコン型だ。
クラフトワークは1970年にデビューした西ドイツの老舗グループで、その筋では“神”として祀られている。
そして2002年12月と2004年2月の来日公演に行った私も、そこに“神”の姿を見た。

クラフトワークのライブはステージ背後のスクリーンに映像を映写するのが特徴で、そのスタイルは1980年ごろには確立していたようだ。
ステージ上にはテーブルそしてノートパソコンや何かの機器が置かれているが、いわゆる楽器というものがほとんどない。 それゆえ“ミュージシャンとしての動き”というものがなく、ライブ中は基本的に仁王立ち、あるいは棒立ち状態だ。
しかしスクリーンの映像をバックにして立っている彼らは、とてもカッコよく見えるのだ。

そんな彼らだが、公式ライブCD(とLP)が初めて発売されたのが結成35周年にあたる今年。 そして初の公式ライブ映像が12月(日本盤は来年1月)の予定らしい。
私の家のDVDプレーヤーの中で、回転してやまぬ神の円盤となるであろう(笑)。


▽関連リンク
[ 東芝EMI / クラフトワーク特集 || Live in Seattle 2004 ]
[ Google イメージ検索 / Kraftwerk Live ]

|

« 奇談の余談 | Main | 波線 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 奇談の余談 | Main | 波線 »