« Intel in Mac | Main | ニコン、フィルムカメラを縮小 »

2006.01.12

六甲の交差点案内標識

三宮から大阪へ向かうときに【再度山ドライブウェイ → 六甲ドライブウェイ → 丁字ヶ辻交差点で右折して表六甲ドライブウェイ】というルートを走る事がある。
060111a
 
…で、右折する丁字ヶ辻の手前にある案内標識に「三宮」と書いてあるのが、いまだに馴染めない。
060111b■060111c
■
『平地に降りて、三宮と大阪へ行けますよ』という意味なんだろうけど、三宮を出発して大阪方向に5分の1も進んでいない自分にとっては同列に書いてあるのが奇妙で、地理に不慣れでカーナビも付けてなかった頃はよく惑わされた。
「灘」とか「御影」とか「国道2号(大阪・三宮)」とか、もう少しマシな表現はないものだろうか?
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _

気になりだすと他にもあるもので、奥摩耶ドライブウェイ(摩耶山)へ分岐する交差点に西から入ってくるときにある案内標識。
060111d■060111e
「三宮 六甲山」と一緒に書いてあるが、三宮の方角は南南西で六甲山は東北東。 時計の針で言えば7時の方向と2時の方向だ。
ついでにこの場所の住所は神戸市灘区六甲山町なので「今いるここが六甲山なのに…?」と言えないこともない。 もちろんこの「六甲山」とは山頂の事を指すはずだが「六甲山頂」と書いた標識もあるので、また話がややこしい。
060111f
 
 
他にも探せば色々と出てきそうで、HPのネタとして調査のしがいはありそうだ・・・。

|

« Intel in Mac | Main | ニコン、フィルムカメラを縮小 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Intel in Mac | Main | ニコン、フィルムカメラを縮小 »