« 六甲の交差点案内標識 | Main | 死ぬほどおいしい »

2006.01.13

ニコン、フィルムカメラを縮小

朝刊などで、ニコンがフィルムカメラ製品を縮小するというニュースが載っていた。
一眼レフは最上級機のF6と、ピントと露出がマニュアルのFM10の2機種のみ継続。 我が愛機F80Dも生産中止だ。

機種名 標準価格
F6 \300,000 (税込 \315,000)
F5 \325,000 (税込 \341,250)
F100 \190,000 (税込 \199,500)
F80D \88,000 (税込 \92,400)
F80S \102,000 (税込 \107,100)
U2 \64,000 (税込 \67,200)
FM3A \96,000 (税込 \100,800)
FM10 \37,000 (税込 \38,850)
D2x \600,000 (税込¥630,000)
D2Hs \490,000 (税込\514,500)
D200 オープンプライス
D70S オープンプライス
D50 オープンプライス
(1/13時点でNikon HPに載っていたモデル)

 
一眼レフも時代はデジタルなんだと個人的に思い知らされたニュースだった(←単純)が、買う気がなかなか起きない。
コンパクトデジカメの省電力化と画質向上を見ていると、そろそろ高価な一眼レフに踏み切ってもいいかな・・・という気はしてきたものの、暗いライブハウスで写真を撮るときのためISO感度が最大3200(6400に増感・拡張可能)ぐらいになったらうれしい、D70Sぐらいの価格で。
それと演奏中はなるべく静かに撮りたいので、ミラーアップで固定して(←たぶん機械式で…)コンパクトデジカメみたいに後部LCDを見ながら撮影できる機能。 でもフォーカルプレーンシャッターの音が残っているから、あんまり効果ないかな?
 
[訂正] よく考えたらシャッターも開きっぱなしになってるんだった。 それと構造上MFになるところに注意。

|

« 六甲の交差点案内標識 | Main | 死ぬほどおいしい »

Comments

スルー画像は、ニコンマウントのFUJIのS3プロなら可能ですよ。
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixs3pro/feature.html
ただ、ほとんど売れてないでしょうね。見たことないです。買うのはFUJIのこの機種の発色が好きな人のみ。カメラの完成度はニコンの方が上でしょう。

Posted by: DS | 2006.01.13 at 22:28

制限時間30秒というのがネックですね。 しかし機械式バルブなんてF6でも付いてなかったので諦めたほうがよさそうです(笑)

そのFinePix S3 Proですが、関西でジャズライブの写真を撮っているNさんという方がFinePixの一眼レフだったのを思い出して先ほどHPを見に行ったら、昨秋からS3 Proになっていました。
昨夜Nさんと同じ店にいたので、見せてもらったらよかった・・・

Posted by: shiro13 | 2006.01.15 at 19:18

30秒というのは、熱ノイズの都合でしょうね。
通電していると発熱しますから。
コンパクトデジカメがビデオ代わりになるのは、受光素子が小さいから発熱もそれなりに少ないからでしょう。

最近のデジタル一眼レフは、どれを買ってもそこそこ満足できる性能と思います。
今後発売されるであろう最新機種を見ないようにすれば10年使えると思います。

CCDのゴミは、F/11.0あたりから写り込みが始まります。
逆に言えばF/8.0までで使うのならばゴミ問題は関係ないです。普通、開放から2段程度しか絞らないことが多いですから、ほとんど気にしなくても大丈夫です。
私は1年で2万シャッター切りましたが、レンズ装着前にCCDをブロアーでシュッシュと吹くだけで使ってます。
スローシャッターで流し撮りするときにたまにゴミが写ってますが、作品にしたいほどの写真はめったに撮れないので関係ないです。(笑)
1枚だけなら後からパソコンでゴミを塗りつぶすのもわけないですし。

レンズの「デジタル対応」「非対応」は、私にとっては気持ちの問題程度。はっきり言って関係ないです。(プロは除く)
高級レンズの詳細な解像度も有り難みが分かるのはパソコンで等倍拡大して見るときだけ。A4じゃほとんど違いは無いです。
同様にA4プリントなら600万画素も1200万画素も同じです。その違いが分かるのはよほど大きくプリントする場合ですが、大きくできるような写真を撮るには高速シャッターか三脚が必須です。(1ピクセル手ブレすれば高画素の意味ないです)

Posted by: DS | 2006.01.16 at 16:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 六甲の交差点案内標識 | Main | 死ぬほどおいしい »