« バージニア・アストレイ | Main | フィアット500を作ろう »

2006.06.01

FinePix F30 (2)

FinePix F30が発売されるまでの掲示板は過熱気味だった。 「画質が悪化する高感度なんて無意味」といった意見が横行していた。 クルマに例えれば「燃費が悪くなるハイパワーエンジンなんて無意味」とか「磨耗が多くなるハイグリップタイヤなんて無意味」といったところか。

ISO 1600やISO 3200といった高感度の存在を否定する意見の数々。 議論すべきはISO 1600やISO 3200というカテゴリーにおいての優劣のはずだが? それとも高感度の撮影は、そんな議論さえ成り立たないほどに、まだ現実離れした行為なのだろうか?

銀塩フィルムの一眼レフでISO 100のフィルムより画質で劣るとわかっていてもISO 400を常用し、状況によってはISO 1600を使う私にすれば、デジカメは好きなときに感度が切り替えられるだけでも充分に有用だと思う。
そのデジカメが高感度を実装したおかげで低感度時の画質にまで看過できない悪影響を与えているのなら否定する意義もあるが、以前の機種については低感度時はそう悪くないと書いてあったりするので(発売前にもかかわらず)熱狂的な否定ぶりだったその手の連中がどうにもよくわからない。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _

それはさておき、ISO 3200で少し撮ってみた。
■
[5/31 23:04] ISO 3200, 1/6sec, F2.8
06053101
DUCATIを囲んでいるところをコッソリ撮った。 3名の顔は少し被写体ブレ(隠してるけど)だが、残りの5人はまあ見れる。 ちょっと明るく写りすぎ。 ISO 1600で1/3secだったら、たぶん全員が酷い被写体ブレ。
■
[5/31 23:28] ISO 3200, 1/25sec, F2.8
06053102
対向車線側で電柱に突っ込んでいるセルシオと処理に来たクレーン車を運転しながら撮った。 撮影時に停止できなかった事は、中央分離帯の鉄柵の縦棒が流れていることからもわかる。 ISO 1600で1/12secでもそこそこ撮れたと思うが、それを比較し選択するだけの余裕はなかった。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _

縮小しているから目立たないが、画質はもちろん良くない(他社製品とは比べたことがないが、それでも同じ高感度域ではダントツにマシな画質というウワサだ)。 もっとも、それが気に入らなければ低感度に切り替えて撮ってみればいいだけの話だ。 フィルムに比べるとデジカメは便利だなぁ・・・。

|

« バージニア・アストレイ | Main | フィアット500を作ろう »

Comments

こんな夜間にノンフラッシュで手持ちで撮れてしまうなんて便利なカメラですね。

絞り優先モードと、シャッター速度優先モード、P(オート)、マニュアルモード、というのが定番ですが、デジカメのISO感度がもっともっと幅広く使えるようになってきたら、ISOオートモードというのが実現できるかもしれませんね。

500mmレンズで50メートルの距離から撮りたいライダーの前後5メートルはピント合わせたいのでF11、シャッター速度は1/250秒、とセットするとあとはカメラが適当なISO感度をセットしてくれると。
シャッター速度優先モードとの違いは、当然ながら絞りが固定されることです。
開きすぎるとピントはずす可能性高まりますし、絞りすぎれば余計なものが写りますから。

Posted by: DS | 2006.06.03 at 13:43

ISO 12800ぐらいができて、かつ、それが今のFinePix F30のISO 800相当の画質になったら、多くの人に受け入れられそうですね。

一方でF30の現状といえば「絞り or シャッター優先モード」を選択すると、ISO感度が手動設定になってしまいます。
プログラムオートでは絞りとシャッターとISO感度の3つの組み合わせがカメラ側で選ばれますが、「絞り or シャッター優先モード」にしたとたんに、絞りとシャッターの組み合わせ“しか”示さない、まったくもってごく普通の絞り優先(or シャッター優先)AEに切り替わってしまっているようです。

Posted by: shiro13(略称:しろ) | 2006.06.05 at 00:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バージニア・アストレイ | Main | フィアット500を作ろう »