« カメラの八千代が閉店してた | Main | メイド イン 東京 »

2006.06.16

妖怪堂

6/16(FRI) 21:30ごろに、京都三条の「妖怪堂」へ行ってきた。
06061601
■
このお店では前掛けや帯を素材に使ったバッグや帽子、そして「葛城 凶」店長が妖怪のイラストを描いたバッグやシャツなどを販売している
まずは猫又が描かれたトートバッグを買う(これは翌日に貢ぎ物として献上された)。 2名の女性客が来ていたが、やがていなくなった。
 
ハシゴのように角度が強い階段を上って2階へ。
虫籠窓(むしこまど)を内側から見たのは実はここが初めて。
06061602
2階の天井が低いのは「厨子二階(つしにかい)」という江戸時代から明治時代に流行した様式で、大名行列を見下ろしてはいけないことから2階が低く抑えられているのだとか。
 
初めて訪れた前回は6/04(SUN)の夜10時過ぎだったけど、今回は少し早く行ったのでコーヒーを飲みながら妖怪の画集など見てくつろぐ。 
06061603
BGMもなく、表を通る自動車の音がときおり聞こえるだけの静かさ。 こういう部屋で夜更けに一人でいるのは気分が落ち着くようでもあり、寂しくて落ち着かないようでもあるが、この時間帯を狙って行ったのはやはり良かった。 次は普通に昼間か、雨の日に・・・。

|

« カメラの八千代が閉店してた | Main | メイド イン 東京 »

Comments

京都が大好きで年に3,4回車でいってます。が、3条にこんなところがあるとは知らなかった。持参した自転車でうろうろするから以外にガイドbookにはない空間やお店を見つけて特した気分でいたけど・・・・次回、行ってみよう。

Posted by: kurolab | 2006.07.04 at 09:51

自転車、いいですね。 私はクルマで京都に行くと走るばかりで降りないという悪癖があるので、お店とかにはなかなか縁がありません(^^);
妖怪堂は、私も誰かの書き込みを見て知りました。 京阪電鉄沿線住民なので電車1本で行けてよかったです。

Posted by: shiro13(略称:しろ) | 2006.07.06 at 12:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カメラの八千代が閉店してた | Main | メイド イン 東京 »