« SISTA FIVE | Main | 「姉ちゃんの詩集」 »

2006.12.17

PIOモードの罠

DELL Precision 370(←現在のメインPC)のCD/DVDドライブはCD-ROMドライブが1台だけだったので、市販のDVDドライブを増設してみたところ、DVDどころか音楽CDさえまともに再生できなかった。
デバイスマネージャ > プライマリIDEチャネル > 詳細設定を見ると、現在の転送モードがPIOモードになっている。 そして接続や設定を変えてもがくうちに、(CD-ROMとDVDの両ドライブともに)IDEのSLAVEに設定した方のドライブの転送モードがPIOモードになってしまう事がわかった。

PIOモードになってしまう現象に関して、Webを検索すると出てくる主な手段を試してはみたものの効果はなく、別にDVDドライブ1台だけでも用が事足りるので数ヶ月間放置していたが(笑)、BIOSでIDEのSLAVEがDisableになっていた事が原因だったと今日になってようやくわかった。
原因がわかった経緯は、久しぶりにPCを開けてCD/DVDドライブの接続を「MASTER=なし,SLAVE=CD-ROM」にしてみたら、起動時に「MASTERがないのでどーのこーの」といったBIOSのメッセージが表示されて、BIOSのIDEの設定を初めて表示してみたからだった。
DVDドライブを追加したときに全く認識されなかったのなら、すぐにBIOSを確認していたはずだが、なまじWindows XPでは認識されていて、しかも「異常なし」になっていたおかげでBIOSの設定を見に行く事をしなかったのが敗因だった・・・。

|

« SISTA FIVE | Main | 「姉ちゃんの詩集」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« SISTA FIVE | Main | 「姉ちゃんの詩集」 »