« Precision 370 メモリ交換 | Main | USB簡易充電器 »

2007.04.29

Nikon D40 (1)

4/29(SUN)、デジタル一眼レフカメラ「ニコンD40」を買った。
レンズは18-55mmと、55-200mm VRの2本。
07043001

(銀塩フィルムの)F80Dを持つ身としてはD80(2006.09.01発売)を買うのが自然な流れだと思うものの、今後の向上がまだまだ期待できるデジタルカメラのボディに10万円前後を投じる気合いや財力はない人生負け組でゴメンナサイ。
D40(2006.12.01発売)は、D80と比べてファインダーやAF機能やシャッターを切ったときの感触などカメラとして劣る点は多々あるものの、ダブルズームキットで7~8万円程度の低価格と軽量さが魅力。
上位機種のD40x(2007.03.29発売)もあり、6.1メガピクセルのD40に対してD80と同等の10.2メガピクセルCCDを採用。 しかもダブルズームキットの望遠側ズームレンズは手ブレ補正“VR”付きで、価格は10万円程度。

当初は「VRレンズのあるD40xのダブルズームキットにしようかな…」と思っていたけど、最近のカメラ雑誌に「ISO1600での画質は(D80やD40xよりも)D40が優れている」という比較記事が載っていたので、ISO1600を常用する機会もあることだしD40を選ぶことにした。
「D40のレンズキット(18-55mm)」と「55-200mm VRレンズ単品」という組み合わせで買ったうえ、決めたのが遅くて通販を使う日数の余裕もなかったので、いささか割高になってしまった。 きっとそのうちD40にもVRレンズのセットが追加されて、さらに悔しがる事になりそうな気がする(笑)。

07043002
翌日(4/30)に家の近所のJoshinで買ったSDカード。 1GB×2枚セットで\3,500円だった。


これはカメラのキタムラに下取り(故障品も可)に出した、PENTAX ESPIO 120SW。
母親用として2001年07月に買ったもので、最近レンズが引っ込まなくなってしまった。
07043003
28-120mmズームで190gの軽量ボディ。 28mmから撮れるところとアルミの上品なボディが気に入っていた。 当時の定価は55,000円。
余談だが、母が外出先で使用中に故障してしまい、現地のカメラ屋さんに見せたら「修理代より安くつくから」と、長期在庫になっていた後継機のESPIO 120SW2を格安(?)で買って帰った。


ところでD40とD40xは小型・軽量・低価格化のためにレンズのフォーカスリング駆動用モーターをボディ内に持たないので、モーターを内蔵したレンズでしかAF(オートフォーカス)を使用することができないという注意点がある。
カメラのキタムラN店でD40を見ているときに、店員に「これって付属のレンズぐらいしか使えないんですか?」と何も知らないフリをして聞いてみたら「そうです。他のレンズメーカーに使えるレンズはありませんし、今後発売される見込みもありません。」という答えが自信に満ちた口調で返ってきた。
しかしこれは誤りで、実際にはシグマの超音波モーター内蔵レンズ(HSM)でAFが使用できる。 現時点ではD40レンズキットの18-55mmや55-200mmと競合あるいは代替できそうなモデルはないので騙されても実害はないものの、今のうちに店員を再教育しておくように。

|

« Precision 370 メモリ交換 | Main | USB簡易充電器 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Precision 370 メモリ交換 | Main | USB簡易充電器 »