« 久しぶりに塔盤屋へ | Main | Precision 370 メモリ交換 »

2007.04.25

バッテリー交換

病気などでセリカを1ヶ月ほど放置してしまいバッテリーを成仏させてしまったので交換する事になった。 せっかくなので小型のものに変えてみることにした。

このクルマのバッテリーは純正が55D23Lだが現在は75D23Lという、サイズが同じ(D23)で性能ランクが高い(55→75)ものを積んでいるので、小さいサイズでも性能ランクが55以上のものを選んで精神的な負担を減らすことにする。

  → サイズの参考:http://gyb.gs-yuasa.com/support_car/knowledge/model.html
 

▼4/21 (SAT)
DとBとではバッテリーの幅が45mmほど異なるので固定用ステーの交換が望ましい。 しかし、このクルマは汎用品が使えない構造なので、自分でステーに固定板を追加するか、当該サイズのバッテリーを積む他グレードのものを入手する必要がある。
バッテリー端子のサイズも異なる(Bの方が細い)ので、クルマ側の端子を交換するか、C型をした金属パイプのようなものを端子に被せる必要がある。

とりあえず八幡の解体屋さんへ行き、セリカST180系を探す。 セリカはいなかったがカリーナEDを発見。 バッテリーが外されてステーがなくなっていたが、近くの地面に運よく転がっていた。 プラス用端子とマイナス用端子&ケーブルをEDから取り外す。 ST200系コロナEXiVが居たので、ついでにバッテリーカバーをもらって行く。 値段は200円だった。
07042302
■
ステーは錆を削って軽く塗装。 パーツ類は水やCRC5-56で汚れを軽く落とし、ボロくなった絶縁テープは巻きなおす。


▼4/22 (SUN)
近所のホームセンターで、バッテリー60B24Lを購入。 重量は約16kgから約12.5kgへ、約3.5kgの軽量化になった。
07042301
■
ケーブルや端子を交換してバッテリーを載せる。 雨が降ってきたので慌て気味にステーのネジを締め、その後でバッテリーカバーをかぶせ忘れたのに気づく(笑)。 雨が強くなってきたので中止。


▼4/23 (MON)
会社から帰って残りの作業。 バッテリーカバーをかぶせてステーと端子を装着し、無事にエンジンが始動できた。
しかし配線の突っ込み方が雑なので、続きは土曜日の昼間にでも。 マイナス端子を外してボンネットを閉めて、今日はおしまい。
07042303

|

« 久しぶりに塔盤屋へ | Main | Precision 370 メモリ交換 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 久しぶりに塔盤屋へ | Main | Precision 370 メモリ交換 »