« 南天満公園の夜桜 | Main | バッテリー交換 »

2007.04.12

久しぶりに塔盤屋へ

久しぶりに梅田の「塔盤屋」へ行った。
そういえば「塔盤屋」と書いたのはチョ~久しぶり。 ググってみたら、たったの約38件しか出てこなかった。 ついでに「"プログレ隔離室"」をググったら約273件だった。
 

2006年12月に来日したビリー・ジョエルの13年ぶりの新曲が出ていたようだが、棚は空っぽだった。 後で調べたら4月18日に日本盤が発売予定。
余談だが、帰り道に寄った中古屋さんには、そのときの東京ドームのライブCDが置いてあった。

クラフトワークのカバーバージョンCD「8-Bit operators」というのがあった。 音源は「8ビットのゲーム機」だ。

タンジェリン・ドリームは箱ベスト盤「TANGENTS 1973-1983」のみで、もはや置いてないのも同然。 後で調べたら4月に新譜が出るらしい。
そういえば「TANGENTS」はずっと押し入れに置きっぱなしだった。

ナイトノイズのベスト盤があった。 好きだったなぁ…。

GWはポイント2倍らしいので、その時にでも買いに行こう。

= = = = = = = = = =

「8-Bit operators」で思い出したのが「パックマン・フィーバー」。
LPレコードを持っているので久しぶりに聴いてみたいな…とにわかに思ったものの、数年間オーディオ機器をほとんど通電せずに放置していた時期があったので、そこかしこが接触不良気味になってしまったアンプの清掃から始めければならない(そしておそらくはカートリッジも買わないと…)。
アンプ(ONKYO Integra A-817XX)は重量が17.5kg。 自分で清掃してみるにしろ修理に出すにしろ、ラックから引っ張り出すのが最初の難関。
オーディオ機器の重量が正義だった、あの頃・・・

|

« 南天満公園の夜桜 | Main | バッテリー交換 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 南天満公園の夜桜 | Main | バッテリー交換 »