« スクラッチイレーザー | Main | 六甲ヒルトップギャラリー »

2007.10.25

GT-R伝説

2007年10月24日、「NISSAN GT-R」が発表された。
■
THE LEGEND IS REAL.
■
注目すべきトピックスは幾つかあるが、その中のひとつが、スカイラインの1グレードである「日産 スカイライン GT-R」から、ひとつの独立した車種である「日産 GT-R」へと変革を遂げたことだ。
■
GT-R
■
新しいGT-Rから「スカイライン」の名前は消えた。 しかし、これまでつちかわれてきた「GT-R伝説」を継承するクルマである事に変わりはない。
  
それでは引き続き、GT-Rのウェブサイトを見てみよう・・・
 

Gtr_hp3
【 1964年、鈴鹿サーキットのヘアピンで、 】
 
Gtr_hp4
【 最新のレーシングマシン、ポルシェ904を“ハコ”のスカイラインが抜き去った時、 】
 
Gtr_hp5
【 初代GT-Rの最初の伝説が始まった。 】
 
 
・・・・・・ハァ? なんだ、こりゃ?
ポルシェ904を抜いたのは「初代GT-R」じゃないだろ?
なんでここで「初代GT-Rの最初の伝説が始まった」なんて書けるんだ、このバカは?

1964年にポルシェ904(カレラGTS)と戦ったのはプリンスの「スカイラインGT」のレース仕様。 レース後に3連装キャブレターを装備した2000GT / 2000GT-Bとして市販されたクルマだ。
この当時はGT-Rという車名はまだなく、最初のスカイラインGT-Rすなわち「初代GT-R(いわゆる箱スカ)」が登場するのは、およそ5年後の1969年になる。

いわゆる「スカイラインの伝説」が語られるときに、その伝説の始まりとして語り継がれてきたのが、1964年5月の第2回日本グランプリでスカイラインが904を従えた状態でメインスタンド前に現れた「904 vs スカイライン」のエピソード。
それを今回、どこかのバカが何も考えずに「スカイライン」の部分を「初代GT-R」に置換して、それをどこかのマヌケが内容をろくにチェックもせずに、ウェブサイトにめでたくアップロードしたという事か。


ところので、この「904 vs スカイライン」のエピソード。 かつてはスカイラインのカタログにも載っていたが、いつの頃からかそれを見なくなった気がする。
おそらくは1999年11月27日に放送された「SUNTORY SATURDAY WAITING BAR」のHPに書かれている事が明らかになったのが原因と思われる。

S54vs904そこでの2人のレーサー(生沢徹さん,式場壮吉さん)の話によると、友達だったので「1周だけでいいからトップ走らせてくれ!」と冗談で言っていた生沢(スカイライン)が、周回遅れでウロウロしているトライアンフに引っかかって立ち往生している904(式場)に追いついた時に抜くことができた。 その後、式場は生沢をすぐに抜き返す事はできそうだったものの、何の気なしに抜くのをやめて後ろを走り続けたままグランドスタンド前へ。 その後すぐに904はスカイラインを抜き返し、レースの結果は904の勝利で終わった。

40年以上も経った今となっては八百長と呼ぶのも微笑ましすぎて似合わない、日本のレース黎明期のほのぼのエピソード。
伝説の正体が明らかになってしまったこのエピソードを新しい「NISSAN GT-R」の宣伝に、それもよりによってHPの冒頭に使っているのを見ると、なんだか笑ってしまう。
「初代GT-Rの最初の伝説」という、タイムパラドックスを起こしたようなバカな記述と合わせて、2度笑える。

出だしからこんな調子で大丈夫なのか、日産。

|

« スクラッチイレーザー | Main | 六甲ヒルトップギャラリー »

Comments

・・・・・・ハァ? なんだ、こりゃ?
ポルシェ904を抜いたのは「初代GT-R」じゃないだろ?
なんでここで「初代GT-Rの最初の伝説が始まった」なんて書けるんだ、このバカは?

1964年にポルシェ904(カレラGTS)と戦ったのはプリンスの「スカイラインGT」のレース仕様。 レース後に3連装キャブレターを装備した2000GT / 2000GT-Bとして市販されたクルマだ。
この当時はGT-Rという車名はまだなく、最初のスカイラインGT-Rすなわち「初代GT-R(いわゆる箱スカ)」が登場するのは、およそ5年後の1969年になる。

いわゆる「スカイラインの伝説」が語られるときに、その伝説の始まりとして語り継がれてきたのが、1964年5月の第2回日本グランプリでスカイラインが904を従えた状態でメインスタンド前に現れた「904 vs スカイライン」のエピソード。
それを今回、どこかのバカが何も考えずに「スカイライン」の部分を「初代GT-R」に置換して、それをどこかのマヌケが内容をろくにチェックもせずに、ウェブサイトにめでたくアップロードしたという事か。>


………それぐらい考えましょう。
初代GT-Rの伝説が始まった、というのはスカイラインGTが基本だからこそかいてあるんだろwww

それより日産をWEB上で馬鹿にしないで頂きたい。

あなたはそう言える立場の人ですか?

Posted by: K・O | 2007.11.03 at 19:44

【追記】

バカなど中傷的な事もやめましょう。
それぐらいは大人なら考えてください。

気分を悪くしたのならすいません。

Posted by: K・O | 2007.11.03 at 19:56

はじめまして、 K・O さん。

> それぐらいは大人なら考えてください。

…と書いている貴方が

> 初代GT-Rの伝説が始まった、というのはスカイラインGTが
> 基本だからこそかいてあるんだろwww

…などと小学生レベルの屁理屈をこねているのは困ったものです。

ちなみに、今日イベントで会った顔なじみのハコスカGT-Rのオーナー(結構年配の人)に広告の話をしたところ、即座に「それはおかしい」という答えが返ってきました。

_ _ _ _ _ _

> それより日産をWEB上で馬鹿にしないで頂きたい。
>
> あなたはそう言える立場の人ですか?

質問ですが、どんな立場の人なら言えて、どんな立場の人なら言えないんですか?
日産や関連企業や取引先の従業員とかだったら「言えない立場」かもしれませんね(笑)

私がバカにしているのは、この広告の文面を作って認可した連中で、それは確かに日産の一部ではありますが、日産全体に対してはバカにするどころか心配しています。
私や前述のオーナー氏がすぐにおかしいと気がつく事が、なぜ流出するのか? GT-Rが歩んできた歴史を、なぜこんないい加減に扱うのか? 本当に心配です。

ついでに、近年は(ゲームのおかげで)GT-Rの海外での知名度が高いだけに、海外のクルマ好きに指摘されでもしたら大恥です。

_ _ _ _ _ _

> バカなど中傷的な事もやめましょう。

「中傷」という言葉の意味を理解してますか? 「根拠のないことを言いふらして、他人の名誉を傷つけること。」です。
私は「バカ」と書くにあたっての論拠と考えを示しており、これは「中傷」ではありません。 短絡的な言葉狩りはやめましょう。

どちらかといえば「罵倒」に近いものの、これを「罵倒」と呼ぶにはまだまだ控えめすぎます(笑)。
しかし、もしも私が熱狂的な日産ファンだったら『基礎的な歴史(=商品知識)ぐらいチェックしておけ、この三流コピーライターが! GT-Rをなんだと思ってるんだよ、この大バカ者め!!』と、本当に罵倒していたと思いますがね。


> 気分を悪くしたのならすいません。

面識も交流もない相手に対して『かいてあるんだろwww』などと嘲笑的な文面を用い礼儀をわきまえない態度で臨んでいる貴方が、一体何を書いているんですか?
それぐらいは大人なら考えてください。

Posted by: shiro13(略称:しろ) | 2007.11.04 at 23:26

そうですか。

すいませんね。

たしかに私がまだまだ子供です。

ついつい暴言を吐いてしまいました。
かいてあるんだろwwとかね。

このブログのコメントでこのようなことになったのはお詫び申し上げます。
どうもすいませんでした。

ではブログ頑張ってください。

Posted by: K・O | 2007.11.05 at 21:11

本当に申し訳ない。

貴方を下に見ているような発言をして。

どうもすいませんでした。

Posted by: K・O | 2007.11.05 at 21:22

一応これで最後にしたいと思います。

このブログでのコメント等でいろいろなことがありましたが、全ては私が事の発端を起こしこのようなことになってしまいました。

このブログの管理人様に多大な迷惑をかけ、いろいろと気分を悪くさしてしまいました。


すいませんでした。

Posted by: K・O | 2007.11.07 at 19:07

【追記】何度もすいません。

何度もコメントを残したこともお詫びします。

すいませんでした。

Posted by: K・O | 2007.11.07 at 19:09

どういたしまして。
ご丁寧な返信、ありがとうございました。

Posted by: shiro13(略称:しろ) | 2007.11.07 at 23:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« スクラッチイレーザー | Main | 六甲ヒルトップギャラリー »