« 高~い自転車 | Main | TRUST が倒産 »

2008.09.10

DOS/V仮面、頭を下げる

部屋からパソコンショップ「マハーポーシャ」日本橋店のチラシが出てきた。

08091001

「マハーポーシャ」はオウム真理教のパソコンショップ。
チラシにある不正コピー事件の強制捜査があったのは1995年06月15日。

IBM DOS6.1/Vを始めとする不正コピーに関して
 今回,大阪府警および愛知県警より、PC-DOS6.1Vの不正コピーの疑いで強制捜査が行われました。しかし、弊社組立工場において正規のオリジナルパッケージを確認した警察側は、例えオリジナルのパッケージがあったとしても、これを勝手に開封しプリインストールすること自体が違法であるとして、全てのパッケージソフト、及び組み立てライン上のシステム本体を押収していきました。これに関し弊社では日本IBM社にこの違法性の真実を確認し、厳粛に対応していきたいと考えております。また、オリジナルパッケージの付属しない不正コピーの販売につきましては、弊社内でも厳密に調査し、問題の解明に全力で努めていきたいと考えています。
 
システム本体の販売について
 大阪府警より、システム本体の販売について、今後弊社とIBMとの間で互換機製造に対してのロイヤリティ契約が締結されていない場合、次なる強制捜査を行うと警告されています。日本のパソコンショップブランドの現状を見ますと、この適用を受けないショップブランドは見受けられないのではないかと考えられますが、弊社においては、今後お客様に一切のご迷惑がかからない様、公明正大に営業活動することができるまで、システム販売を留保する方針であります、よって、それまでの期間は単品の販売のみに限らせていただきたいと考えています。あわせてご理解いただけます様、よろしくお願い申し上げます。

「マハーポーシャ」の従業員はオウム信者。 働くことが修行でもあったので給料はおそらくゼロ。 そのため価格はライバル店よりも安かったようだ。

08091002

違法コピー品にもかかわらずOSのユーザー登録ハガキが付いていたらしい。 その宛先はIBMやマイクロソフトではなくマハーポーシャで、ハガキを出すとオウムの信者勧誘リストに登録されてしまうシステムだったという。

なお、6/15の強制捜査の前には、3/20の地下鉄サリン事件と、5/16の麻原教祖の逮捕があった。


〔参考〕 タイムカプセル時空便 倶楽部 - あの日の出来事!
http://www.tcstd.com/tcstd_club/time_slip/news/social1995.htm

|

« 高~い自転車 | Main | TRUST が倒産 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 高~い自転車 | Main | TRUST が倒産 »