« ツェペリさんの最期のセリフ | Main | 今朝のJRでの珍事 »

2013.01.12

86/BRZのメモ(10)

1年前の雑誌記事の話だがトヨタ86について、Car Graphic 2012-02John Lamm氏の巻頭コラムに興味深い記述があった。

|アメリカでは86という数字がいささか不穏に響くのだ。マフィアが
|殺めた人間を「80マイル離れた場所の6フィート下に埋める」ことを
|暗に意味するからである。

86のアメリカ名はサイオンFR-S(SCION FR-S)だが、かつてセリカXXをスープラとしたようにアメリカでの表現に配慮した結果かどうかは知らない。

「80マイル離れた場所の6フィート下に埋める」は英語では "Eighty miles out and six feet under"
これは、とあるページにあったイメージ画像(ここでは8マイルとなっている)。
http://sinnermag.com/7255

ボスと踊り子と2人の部下、そしてトランクで縛られている男。 彼は撃たれて埋められる運命にある。

他には「コック・バーテン業界の隠語で、売り切れ、お断り、泥酔客、追い返す、殺すなど』というのがあった。 語源については「禁酒法時代のCHUMLEY'Sという闇酒場がニューヨークの86番地だったことに由来する」という説が有力らしい。
"86", "86'd", "86ed", "Eighty-sixed" と書き(言い)表される。
http://ja.wikipedia.org/wiki/86
http://en.wikipedia.org/wiki/Eighty-sixed

 



EIGHTY SIXED という服のブランドがあった。
http://www.eightysixedclothing.com/

86とのコラボTシャツはできるだろうか・・・?

こちらはイギリスのレストランバー、86 (EIGHTY-SIX)
http://www.86restaurant.co.uk/

ロンドンのFullham Road 86番にあるらしい。
 

お店の制服。 ・・・プライバシーに配慮して店名ロゴのあたりを切り出しただけです。

|

« ツェペリさんの最期のセリフ | Main | 今朝のJRでの珍事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ツェペリさんの最期のセリフ | Main | 今朝のJRでの珍事 »