« 86/BRZのメモ(13) | Main | ThinkPadのクオリティー(1) »

2014.12.20

USBレシーバーが抜けない地獄

無線マウスのUSBレシーバーが抜けなくなったノートPCがやってきた。

奮闘の末、ほぼ無傷で外すことができたが、「USB レシーバー 抜けない」で検索するとレシーバーやPC側の破壊に至ったケースもあるようだ。

無線マウスの製品名は、エレコム M-IR06DR


USBレシーバーの側面に抜け止めと思われる出っ張りが設けられている。 通常よりも幅が広いはずだがUSBの物理的な規格の範囲内なのだろうか?

ノートPCはLenovo ThinkPad X240で、こちら側にも原因があるようだ。


PCの厚みを減らすべくコネクター側面の「足」を半田付けで基板に固定する構造だが、そのため側面に設けられた内側への折り返し部分の長さに制約を受け、その先端に曲げがなく、まっすぐになっている。
そしてUSBレシーバー側の出っ張りが、まっすぐな折り返しの先端に、しっかりと引っかかってしまったようだ。

この画像のような一般的な形状であれば問題は起きなかったはずだが、側面に突起を設けたUSBレシーバー側も充分に悪いと思う。


なお、USBレシーバーを抜かないとPCが開けられない構造だったため、引っかかっている状態の目視確認はできなかった。 PCを分解してからもう一度刺せばよかったのだろうけど・・・

自衛策としてはプラグの側面に突起があるものは購入しない。 どうしても使用するときは延長ケーブルを間に入れること。

|

« 86/BRZのメモ(13) | Main | ThinkPadのクオリティー(1) »

Comments

当方もエレコムのマウスで同じ状況になりました。
幸いはまったのが途中のエレコムのUSBハブです。
最悪USBハブごと捨てればいいが、自社の組み合わせではまるのはどうかと。。。

Posted by: くま | 2015.04.11 at 10:51

当方もまったく同じPCとマウスレシーバーの組み合わせでちょうど今抜けずに困っております。。

>奮闘の末、ほぼ無傷で外すことができた
ということですが、どのようにしてはずされたのか、ご教示いただくことはできますでしょうか??

Posted by: miv | 2015.04.17 at 10:23

コメント欄を長い間、確認していませんでした。すみません m(..)m

うろ覚えですが、レシーバーの黒い樹脂部分の出っ張りとPC本体の間にマイナスドライバーを入れてひねるのを少しずつやっていって、少しずつ出てきたように思います(もし上面の金属部分の折り返しが見えていたら、そちらに入れる)。
今にして思えば、ペンチで掴んで左右にゆすりながらジワジワと引っ張っていけば抜くことができた気もします。

Posted by: shiro13 | 2015.08.16 at 23:21

この事例と全く同じ組み合わせで同じトラブルに巻き込まれました。おまけにマウス本体も電池の接触不良で銀紙で応急措置をする状態になってしまったので思い切ってニッパーで強引に抜いてしまいました。
丁寧な説明と写真もついていましたので、これならPC本体を壊すことはない(だろう)と思っての行動です。
結果はUSBの受信部分は完全に壊れましたがPC本体は無事でした。
販売した店には同じケースがネットにも載っている、別の方が同じトラブルになるといけないから、販売するときには注意してください、と伝えておきました。
ちなみにマウスを購入したのは昨年9月、すぐに、USBから抜けないトラブルで電話をしましたが、そのまま放置、マウス本体も障害を起こしたのでやむなく強硬手段、です。
販売店の担当の方の応対は満足できるものでした。
別メーカーのマウスに交換してもらいました。

Posted by: 石川裕道 | 2016.07.09 at 20:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 86/BRZのメモ(13) | Main | ThinkPadのクオリティー(1) »