« USBレシーバーが抜けない地獄 | Main | 新国立競技場≒潜水飛行艇 »

2015.04.12

ThinkPadのクオリティー(1)

2015年2月より、NECパーソナルコンピューター米沢工場(山形県)にてLenovo ThinkPadの国内生産が開始された。

しかしLenovoのHPを見てみたら、品質への期待が下がってしまった・・・

http://shopap.lenovo.com/jp/landingpage/yonezawa/ の画面を下にスクロールして・・・


ThinkPad X250の3つめの画像をクリックすると・・・


本体右側の拡大画像が表示される。

この画像を明るく調整してみると・・・
なんということでしょう! フタがマトモに閉まっていません!
15041206
(クリックすると大きな画像が表示されます)


会社で購入した前モデルのX240 (Made in China)には、このような状態のものが複数台あった。
出張修理でフタ(ボトムカバー)を交換してもらったが、この状態の画像がLenovoのHPで使用されているということは、閉まらないのが公式な仕様という事らしい。

ただし、この画像は英語キーボードで米国のHPにも使われていたので、米沢で生産したPCを撮影したものではなく、単に画像を共用しているだけと思われる。
米沢生産モデルは匠の心で隙間なく組み上げられていることを期待したい。

|

« USBレシーバーが抜けない地獄 | Main | 新国立競技場≒潜水飛行艇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« USBレシーバーが抜けない地獄 | Main | 新国立競技場≒潜水飛行艇 »